ホトケとスポーツを

その後幾日もの間、祖父も母もほとんど口をきかず、静まり返った家の中は衝突を避けるための緊張に秋の冷気が固くこごっていた。私の愚鈍から生じたこの騒動の結末を祖父がまとめたものが〃愛″めぐし、むごしの論である。ここに整然と説かれたものは何か。私は母が亡くなるまで恐れてこれを読まなかった。むご今これを読めばあの夜のことは無きに等しいが私は祖父に惨きものであったと思えば哨然たるものがある。先生には理解できなくても仕方ないでしょう。それでも、このようなことを除けば、私は先生にとても愛されて幸せでした。そのお心霊現象に苦悩するかげで以後、あまりくよくよ悩むことはありませんでした。このようにして始まった小学校時代、それからの私はもっともっと苦労することになっていったのです。霊視に泣かされる日その次に私を悩ませたのは、霊的に敏感なことが原因で虚弱体質に陥ってしまったことでした。簡単に言うと、「開き直った」ということですね。自分の発する「臭い」に無頓着になったのも、その表れだろう。先ほどの「デパ地下のパン」や「牛井」などもそうだが、それ以外にも、電車内で「女の臭い」に辞易しているサラリマンは多い。かつて「電車内の臭い」といえばオヤジの体臭(タバコ、ポマド、汗、加齢臭など)がヘゲモニを握っていたが、今や女の発する臭いがそれを凌駕している。宝石店の場合、七%の経常利益を出すには、ショッピングセンタ内の店舗は一億五千万円以上の売り上げを、路面店の場合は三億円以上の売り上げを出さなければなりません。この原理原則にあてはめると、M宝石店のその四店舗は経常利益の出ていない不良店だったのです。長年営んできた店舗を閉店することに身を切られるような思いを感じない経営者はいません。理屈は十分に承知していても、なかなか決心がつかないものです。その気るようにわかる。だが、スタンはこの点をまだ追及しつづけ、クマガイ自身さえあえこの悲すート検事補とデラ「はっきりさせよである。そし事補の検事局での担らと笑う。スタン持ちが手にとて言わないようなことを、はっきりと述べつづけて、させる。「つ、こうしたて、あなたが化学分析に出まるところ結論はすべの存在にかかっている、そういうことですね?「まあ、多かれ少、そすなかれうで「少ないという多いといったほ、より、つがい「まあ、そうですね「だとすると、このサンプルと、それにふたの意見に重大な役割を果たしていると言えますまたむし返す。を公表しのとはいるのだが、もしそれる銀行幹部)が情報開示三月末現在で不良債権と実質的にいえるも行自体が数字のとり方そのもの次のような構図が浮かび上支庄で隠しきれなくな出さざるをえないだろいる。実態がさらて信用不安でも(ディスクロIジャー)を思いとに意がってくる。まず銀行の支庖レベルでったものだけを本庖へ報告する。本庖は本庖銀へ報告す不穏な数字ものだけを大蔵省日は国民が動揺する。郵便局員二八万は、すべて郵政省に属する国家公務員なのである。他の公共サビス、たとえば電気、電話、ガス等はほとんど民間でやっている。国鉄も分割民営化された。郵便事業は残された最大の国営事業である。果たして郵政省はこの郵便事業を自ら行なう必要があるのだろうか。過去の国鉄がそうであったように、郵便事業に非効率はないのであろうか。電話やファックスが郵便にとって代わり、いたるところに銀行ができ、宅配便が発達して品物が郵便小包より早く確実に送れる今日、郵政省が今までどおりに、郵便事業、貯蓄、簡易保険事業を行なう必要があるのだろうか。岸のカモメが騒ぎだした。殺したばかりのサケを二尾両手にぶらさげビクトルは樺の林に入り、火を焚きはじめる。なにをやるのか、これも説明なし。私は仕方なく枯れた樺の枝を拾い集めて、火勢を強めた。ビクトルは持参のバケツに渓流の水をくみ、沸騰させる。それにジャガイモを入れる。サケの頭を投げこむ。頭を取り出し、こんどは胴。それにウオッカを注ぎ、ウイキョウ、タイム、コショウを入れた時には、待ちきれず、私の喉がゴロゴロ鳴った。